中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

歴史のある中古ドメインではキーワードは類語が重要

歴史のある中古ドメインは、SEO対策に効果があるとされています。歴史があるということは、長い間ユーザーから支持されているということです。ユーザーから支持されていなければ、そのドメインは長く続くことはできません。つまり、SEO対策的にも高く評価されているということです。
良いサイトを作るためにも、外れのない中古ドメインを選びましょう。
狙い目の中古ドメインは、まずリンクのアンカーテキストに目的のキーワードが入っているドメインになります。アンカーテキストとは、リンクされている部分のテキストを言います。アンカーテキストに目標のキーワードを含んでいると、検索エンジンはそのワードをページ内でより重要だと認識するため、そのワードでの検索順位が上がりやすくなります。そのため、アンカーテキストにキーワードを入れることはSEO対策の基本とされているのです。
このとき、目標とするキーワードだけでなく、そのワードの類語を使用することは重要です。SEO対策ではキーワード設定が重要になりますが、ユーザーは同じ意味でも違う言い回しのワードを使って検索することがあります。例えば「おいしいパン屋さん」であったら「うまいパン屋」や、「おいしいベーカリー店」などのように、同じ意味でも異なる言い回しで検索できます。そのため、ワードを選ぶ際は類義語も含めて設定すると良いでしょう。
キーワードを設定するときは、まず類義語辞典で調べるのがおすすめです。キーワードに対して、別の言い方や複数のワードを表示してくれます。類語を調べたら、そのワードがどのくらい検索されやすいのかをチェックします。無料で使えるキーワードチェックツールがあるので使ってみましょう。
中古ドメインは、長くユーザーから支持されてきた歴史があるので、SEO対策に効果が見込めます。しかし効果のない中古ドメインもあるため、選ぶ際は注意しましょう。