中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

中古ドメインをチェックするコマンドと競合サイト

中古ドメインの転売は激戦となっており、競合サイトが沢山あります。しかも、ドメインのデータは共有されていませんから、1つの転売サイトで売られていないからといって、諦めることはありません。ドメインが利用されているかを簡単に調べるにはいくつかの方法があり、その一つがコマンドの利用です。ping、nslookupなどを利用することで現在のドメインの利用状況が分かります。とくにPINGが反応している場合は誰かがすでに所有していることになります。また、ウェブサービスのwhoisを利用すればドメインの所有者が分かります。所有者がレジストラや転売サイトであれば販売されている可能性が高いのでウェブサイトをチェックしてみると良いです。ドメインを探すにはまずは新規ドメインと同様にレジストラで検索してみるとよいです。所有されている場合はそのままWHOIS情報を確認できる場合も増えています。所有者がいなければそのまま購入できます。ただし、新規ドメインでも中古ドメインでも購入前には最低でも1つのチェックポイントがあります。それはメールのブラックリストに載っていないことです。ブラックリストは有志によって管理されていますが、スパムメールやウイルス添付メールに利用されたドメインであり、すでにメールで利用されていなくてもブラックリストに載っているなら利用しないことをおすすめします。ブラックリストは各メールサーバだけではなく、セキュリティソフトやファイアウォールでも利用されており、メールが届かなかったり、ウェブサイトを見てもらう際にセキュリティソフトから警告を受けるなど問題が発生しやすく、企業の場合は信用問題になりやすいです。