中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

中古ドメインはレジストラに注意しAhrefsが便利

中古ドメインは一度インターネットで利用され、なんらかの事情で所有権を放棄したドメインの事です。特に販売されている中古ドメインは魅力的な文字列が多く、これを利用することでインターネット上ではアクセス数を増やす上で非常に有利な条件を手に入れられることが多いため、よく利用されています。
中古ドメインを利用する上で最も有利なことは、検索エンジンの上位にランキングされる可能性が高いということです。これは以前インターネット上で利用されていることから検索エンジンから評価を既に受けており、過去のサイトが魅力的な文字列のドメインでコンテンツの内容が充実していたサイトであれば様々なサイトからリンクされていることが多い貯め、上位にランキングされる可能性が高くなっているためです。その為、複雑なSEO対策を講じなくても検索エンジンの上位が獲得できるというメリットがあります。
しかし、中古ドメインの利用に当たってはリンク元に注意が必要です。同一のサイトから多数のリンクを受けていた場合には作為的にリンク数を増やしているとしてペナルティの対象になる危険が有るからです。又、最近ではリンク先のサイトが異なっていても、レジストラが同一であれば作為的なリンクと見なされる危険性も出てきており、リンク元のドメインにも注意が必要になっています。
このリンク元を調査するには、Ahrefsというソフトが便利です。Ahrefsはリンク元サイトを検出してくれるので、このサイトのドメインを確認しレジストラを調査することで、ペナルティを受ける要因を調べることが出来ます。又、自分では意識していないのにペナルティを受けた場合には、Ahrefsを利用してスパムリンクと言われる嫌がらせサイトを発見することもできるので便利です。