中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

中古ドメインにおける購入事例の具体例

そもそもドメインとはなんだかしっていますか。
ドメインというのは簡単に言うと、ネット上での住所を意味します。

では、中古ドメインについて聞いたことがあるでしょうか。
少し前、検索エンジンで上位の検索結果として表示されるために、SEO対策という言葉が出てきました。SEOとは検索エンジン側がアクセス数などを考慮し、特定のワードで検索されたとき、一番ユーザーのためになるであろうサイトを探し出す機能です。それにより、検索して1ページ目に表示されるか5ページ目に表示されるかで、そのサイトのアクセス数に大きな影響を及ぼすものですから、SEO対策をしっかりと行うことが大切になったわけです。

そのなかで、SEOの考慮対象の中に、「ドメインエイジ」という部分があります。これはドメインの運営年数のことを指しますが、これが長い方が信用性が高いサイトとして評価を受けやすいです。
ですので、古くからあるサイトの中古ドメイン(オールドドメイン)を購入してから新規にそこでサイトを開くことになるわけです。

具体例としては、現実で「人気飲食店の跡地で新しい飲食店を始める」といった具合でしょうか。そうすると、閉店を知らなかったお客さんがお店を訪れ、せっかくだからと足を踏み入れてくれることを画策しているのです。

しかし、実際に購入したけれども生かせなかった事例や、何か問題のあるドメインでむしろマイナスになってしまう、ということもあります。検索エンジンにブラックリスト入りされたことで、ドメインを手放す人も多いので、そういったドメインを購入することで損害を被るわけです。
ですから、ドメインを購入する際は、昔どのような運営をしていたのかのリストを見ることのできるサイトもありますので、そういったものを活用し、安全な運営を心がけるべきなのです。