中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

中古ドメインでのツイッターの評価と自動化の注意点

中古ドメインを利用する際に問題となるのがバックリンクの扱いです。中古ドメインは長くウェブサイトとして運用されていればいるほどSNSやブログなどからのリンクが増えていきます。これらのリンクはバックリンクと呼ばれ、ウェブサイトの評価を高め、また、検索サイトでの評価にも繋がるとして注目されています。特にツイッターなどの拡散力が高いSNSでのリンクは高く評価されており、各SNSでドメインで検索する方が多くなっています。しかし、バックリンクには注意点が2つあります。1つはリンクの自動化ツールを使われていないかをチェックします。ツールを利用した場合、フォロワー数が極端に少ないアカウントからのリンクであったり、アダルト系のアカウントからのリンクが多かったりと偏ったリンクが多くなる傾向が強いです。また、リンクについて拡散されていないケースが多いのも特徴です。重要なリンクはフォロワーが多く、拡散されるリンクのことをいいます。これらのリンクが多い中古ドメインを以下に探すかが問題となっています。また、リンクが多いのに検索サイトでインデックスがない中古ドメインはペナルティを受けている可能性が高いので注意したいところです。2つめはカテゴリですリンクをしてくれた人のプロフィールなどをチェックしておけば前ウェブサイトの状態が分かります。新規に作るウェブサイトをこのカテゴリに合わせられれば前ウェブサイトを見てくれた人も取り込める可能性が高くなります。その際、リンク切れはご法度です。CMSなどの設定を見直してリンク切れを起こさない仕組みを作ったり、プラグインでリンク切れの際のジャンプ先を設定するなど対策を取る必要があります。