中古ドメインとSEOの光と闇

中古ドメインとSEOの光と闇

一般的に中古ドメインはSEOに効果があるとされてきました。しかし近年中古ドメインはSEOに効果がないという意見もあります。真相はGoogleの人達しか知らないですが、当サイトでは中古ドメインとSEOについて説明していきます。

中古ドメインのメリットはSEOだけのもの?

ドメイン取得を考えている時、新品のドメインと中古ドメインで迷う方は多いです。なぜなら新品ドメインは0から始めるため、良くも悪くもまっさらな状態にあり、これは今後のサイト運営が完全に自分の手腕次第になってしまいます。一方で中古ドメインだと過去の評価を受け継ぐことになります。良い評価を受け継いでいると最初から上位表示され、アクセス数も高く、モチベーションの維持につながります。しかし、悪い評価だとどれだけ頑張ってもなかなか上位表示はされず、アクセス数は少なく、モチベーションの低下を引き起こしてしまいます。つまり、中古ドメインは良くも悪くも過去の評価に影響を受ける諸刃の剣なのです。しかし、やはり中古ドメインで元から高評価のものだと有利なので、これは大きなメリットと言えるでしょう。ただ、中古ドメインのメリットはこれだけではありません。もう一つの大きなメリットは「価格」です。
当然新品と中古ですから価格に差があるのは当然です。新品のドメインはメジャーな「.jp」などではとても高価であり、とてもではありませんが、簡単に手を出せる代物ではありません。一方で中古ドメインの場合その限りではありません。ものによっては新品だとかなり高価なものでも格安で手に入ることがあります。数分の一で手に入ったら余った予算を別の場所に回すこともでき、サイトの運営にプラスになるのは間違いありません。
このように中古ドメインを利用するメリットは評価を引き継ぐことによるSEO効果だけでなく、高価だがメジャーな高級ドメインを格安で手に入れることが出来るというものもあります。当然細かいことを言えばもっといろいろなメリットがあるでしょうが、やはり価格面での差は最も大きなメリットではないでしょうか。

中古ドメインはSEOに効果がある?ない?

中古ドメインは、すでに誰かが利用していたドメインです。そのため、中古ドメインを購入して利用すれば、前の利用者の被リンクやページランクなどを受け継ぐことができます。もちろん、新規にドメインを取得した場合は、これらを0の状態から自力で成長させていかなくてはならないため、それと比較すると、非常に有利な状況でウェブサイトの運営を始めることができるのです。
そのため、中古ドメインは、SEOに対して非常に効果があると言えます。ただし、これによって引き継ぐ要素は、前述のように有利なものだけでなく、そのウェブサイトが何らかのペナルティを受けていた場合は、そのペナルティまで引き継ぐことになるため、注意が必要となります。そのため、購入の際には、事前によくドメインの情報を収集しておく必要があると言えるでしょう。
また、検索エンジンによっては、被リンクやページランクなどに引き継ぎが反映されず、中古ドメインのメリットを発揮することができないだけでなく、何らかのペナルティを受けることもあります。これは、中古ドメインの持つ被リンクやページランクなどの実績と、現在そのドメインを利用しているウェブサイトの実績が一致しないことは、ウェブサイトの公平性に欠けるものであり、検索エンジンにとっては好ましくないと判断されるためです。
これらのことから、中古ドメインを活用する際には、メインとする検索エンジンと中古ドメインの相性を確認しておく必要があります。ただし、上述のような規制を中心として、全体的に中古ドメインに対する風当たりは厳しくなっています。そのため、これから購入を考えている場合は、これらのリスクを考慮に入れておく必要があると言えるでしょう。

中古ドメインのページランクが高いと上位表示する?

新規サイトを立ち上げるとき、新規ドメインよりも中古ドメインの方が、Google検索の検索結果において上位表示される確率が高くなります。この要因はいくつか考えられますが、用いた中古ドメインのページランクがもともと高い場合、検索結果の順位表示に大きく影響します。
通常、中古ドメインを使用して新規サイトを立ち上げた場合、中古ドメインがアクセスアップをもたらす要因として、まず運用歴の長さが挙げられます。中古ドメインとはそもそも、一年ごとの更新を放棄して放置されたドメインであるため、最低でも一年以上は運用していたということ。そのため、検索エンジンの人工知能は長く運用しているサイトであることを認識して、長期間運用サイト=信頼のおけるサイトという判断を下し、検索結果が上昇します。また、中古の場合、長期運用していたため、既に検索エンジンからは認識・インデックスをされており、その結果上位表示される期間が短く、スタートダッシュへと繋がるわけです。
このように、通常の中古ドメインは基本的にSEO対策の面で有利なわけです。さらに、今回のメインテーマである「もともとのページランクが高い中古ドメイン」は、よりSEO対策の面で有利になります。それまでのページランクが新規サイトに受け継がれるわけですから、その評価の恩恵を新規サイトにももたらされ、上位表示されやすくなります。また、被リンクもそのまま受け継がれるため、より上位表示されやすくなります。
ただ、この要素に関して言えば、別のサイトで得た評価であるため、正当な評価ではないと検索エンジンに判断された場合、急激に検索結果の順位が下がる危険性もはらんでいます。そういったリスクを正しく理解した上で運用しましょう。